諦めたらそこで試合終了ですか?

 

為末大『逃げる自由 <諦める力2>』

 

元陸上競技選手の為末大さんが、前著『諦める力』の第二弾として読者から寄せられた質問に答える形で書籍化した本です。相談内容の多くは「”あるべき姿”と”思わしくない現状”のギャップに対する悩み」であり、本著では悩みに隠された根本的な問題を暴くように、著者独特の切り口で回答がされています。

 

読んでみて、著者はとても肩の力を抜いて生きている人なんだなという印象を受けました。アスリートとしての生活から離れ、会社経営者として社会に関わる中で「人と競う事だけが生きる事じゃないんだ」と気づいたとも言っています。

私はスポーツ選手の生活がどういうものか具体的には分からないのですが、自分と向き合う世界なのだろうなという想像は出来ます。自分をとことん見つめる環境の中で得た様々な気づきが、世間一般で多くの人が抱える悩みを解決するヒントになったようです。

 

「頑張らない自由」

世の中で「頑張る」事は奨励されがちで、仕事をする上でも「成長」や「向上心」を持つ人の方がどこか偉いような扱いを受けます。「やる気がない」「やりたい事はない」と言うとダメな人だと認識される場合は多々あるのです。

本著の相談内容で、「仕事で特にやりたい事がない。職場で上司から専門職かマネジメントのどちらへ進みたいかを聞かれて困ってしまった。」という相談がありました。相談者は、漠然と好きな事や得意な事はあるのだけれども、強く「これをやりたい!」というものは無いとの事です。

 

著者はこの質問に対し、「好きな事をやるより、世の中に求められる事をやって生きていく自由もある。自分がやりたい事よりも、自分が必要とされる状況があれば満足する人もいる」と言っています。そして、「他人に好きな事をやってくださいと言うのは、その責任は自分で取って下さいと言うのとセットで、そのセットに対して幸福感を感じない人もいるんじゃないか」とも述べます。

 

この相談者の人は、自分の望む事が自分で分かっているけれども、今後仕事で期待される事とは違っているという「ズレ」に悩んでいるようです。多くの人が、求められる仕事と自分の理想とする仕事の在り方の間に軋轢を感じ、悩む事があると思います。

自分の方向性と周りの環境が合わない時、自分を周りに合わせて頑張ってしまうと、「自分は何をやっているんだろう」とふと違和感を感じる瞬間がいつかやってくるはずです。自分が仕事で「上に行く」事を望んでいないならば、「上に行かない」働き方が許容されている環境に身を置くべきだと思います。

 

ただ組織にいると、「将来的にもずっと今のままでいたい」という考え方はなかなか受け入れてもらえないかもしれません。会社が会社の利益を最大化するためにどんどん規模の大きな仕事を任せられる人を作っていくのは自然な流れであり、「成長しない自由」は大概存在しないからです。

 

しかし、あなたには「頑張らない生き方」を選択する「自由」があります。人は会社など特定の環境に居続けると、そこで「頑張る」以外の生き方はないのではないかと錯覚してしまいがちですが、そうではないのです。

「頑張らない自由」とは、あなたの中にある価値観に正直に生きる自由です。環境や人に合わせずに、自分が良いと思う事に対して実直でいると「自由」の中に居られると思います。

 

 

「期待に応えない自由」

また、本来「生き方」は様々な選択肢があるはずなのに、「期待」という制約によって窮屈に感じる事はないでしょうか。人に期待されたような結果を出す事が出来なかったから辛いとか、いい結果が得られると思って頑張ったけれど報われなくて落ち込んだ、など。

人は「期待」という「未来を考える行為」をします。期待は、「自分が他人へ向けるもの」、「他人が自分に向けるもの」、また「自分が”未来の自分”へ向けるもの」の3つがあると考えます。

 

「あの時ああしておけば」という後悔は、「過去の自分が期待した”未来の自分”に、現在の自分がなれていない」という不満から生まれます。人が自由でない原因は、「他人から自分への圧力」だけでなく、「自分から自分への圧力」もあるのです。

私たちは「自由になりたい」と思う時、身近な人や環境から離れれば解決すると考えます。「この人さえいなければ」、「この家を出られれば自由になれるのに・・・」と思いますよね。

 

しかし、嫌な仕事を辞めたり嫌いな人からも離れて外的要因を排除したにも関わらず、なぜか「自由」になれないという場合があります。自分を阻むものは何もないはずなのに、いつもどこか生きにくさを感じてしまうのです。

他者を排除しても「自由でない」と感じるのは、「自分の期待に応えようとしている」せいかもしれません。その「期待」は、小さい頃から刷り込まれてきた「社会人」という概念だったり、自分が過去に設定した「目標」「夢」だったり、色々あります。

 

「目標」や「理想像」という「自分に対する期待」は往々にして私たちを縛る原因になり得ます。意識が、未来の自分ばかりに向いてしまうと、今の自分が身動きを取れなくなりいつまでも「自由になれない」のです。

「目標」を立てる事は素晴らしい事ですがその目標によって自分が「未来の自分」にばかり引っ張られると、「今の自分」を否定し続ける事になってしまい、「自由でない」状態が続いてしまいます。

 

「期待」を捨ててみる事は、「自由」になるために効果的です。過去に立てた「目標」やずっと心に秘めている「夢」に対して、「自分は本当にそうしたいのか?」「見栄やプライドでいつまでも抱えているだけじゃないのか?」など、一度疑問を投げかけてみてください。

 

自由になりたいあなたへ