長生きする秘訣?

 

パイサーン・ウィサーロ著,浦崎雅代訳:

『心が自由になる、初期仏教30の説法 タイの森スカトー寺 住職パイサーン・ウィサーロ師のお話』

 

読めば読むほど考えさせられる本著ですが、今回で4回目の記事になります。

→1回目記事「バースデーブルーという苦しみ」

→2回目記事「受け入れて自由になる」

→3回目記事「生きる希望と自由」

 

長生きの秘訣

本著で紹介されている長生きの秘訣は、

「自分の居心地の良さを選択すること」

だそうです。

 

しかし、居心地を良くするためにしている行動が、

別の居心地の良さを阻害する原因になってしまう、

という事はよくあります。

 

例えば、快適な生活をするためのお金を稼ぎたいと思って仕事を始めたが

自分の趣味やプライベートに費やす時間が無くなってしまう、

というのは多くの社会人が経験する事ではないでしょうか。

 

お金によって実現できる便利な暮らしという「居心地の良さ」と

時間が十分にあるから出来る趣味などの「居心地の良さ」が、

トレードオフになってしまった。

 

このように「居心地の良さ」が一部しか達成出来なくなってしまうと、

ストレスや病気などの歪んだ形で私たちを蝕み

結果寿命が短くなる、と本著では説かれています。

 

 

居心地の良さを追求する

仕事とプライベートを考える上で「職業」は関係が深いです。

「自由」になりたい人にとっての「居心地の良さ」に

最も適した職業は何だろうかと考えてみました。

 

仕事という「外向きの自分」と、

プライベートという「内向きの自分」が、

お互いに犠牲にならずに共存する職業。

 

それは、「研究者」なのではないかと私は思います。

 

仕事とプライべートがちょうど中和する言葉として、「生きがい」というものがあります。

「生きがい」は、社会的使命の要素もあるけれど、自主的な願望も伴っている行動です。

 

この「生きがい」とは、広義の「研究」にあたるのではないでしょうか。

 

例えば旅行が生きがいの人は、旅行についての知識を物凄く持っているし

自らの経験も沢山積んでいるので、旅行という分野に圧倒的に精通した研究者であるはずです。

 

いわゆるオタクも、好きな事に対して執念を感じるほど知り尽くし

また徹底的に体験し尽くしているので、研究をやり続けているようなものだと思います。

 

ここで定義する「研究者」は、既存の学問分野の中で研究をする人だけには限りません。

グルメ家、アイドルの追っかけ、、。

 

研究の対象はとにかく何でもいいですし、特定の組織に依存する必要もないのですが、

自分が興味を持っている事に対してただただ純粋な気持ちで追究する研究者

になるのが、「居心地の良さ」を実現する職業ではないでしょうか。

 

居心地に妥協をしない

「居心地の良さ」が仕事とプライベートでトレードオフになってしまうと

「自由」の実現は遠のいてしまうと思います。

 

今、私は研究者として、

どうすれば自由に生きていけるかを研究しています。

 

現状では「居心地の悪さ」を感じるポイントは全くないのですが、

そのうち何か窮屈だと思う事に遭遇したら、「居心地が良く」なるように環境を変えたいです。

 

 

一度「居心地が良い」と思って決めた道だと、

途中で行き先を変えるのはためらいが生じる可能性もありますが、

もし「居心地が悪い」と感じるのであれば変更するべきだと思います。

 

就職や転職でもそうですが、入社する時点では、

当然やりたい事が出来る、夢を実現出来ると思っているはずです。

 

 

ところが、月日を経ていくと、

自分のやりたい事がその会社で叶えられないと判明したり

自分が描く夢そのものが変わって別のものになる事が少なくありません。

 

もしあなたが今、

「何となく自由じゃない」という不満を抱いているのだとすれば、

「居心地の悪い」環境に妥協して「居心地の良さ」を追求していないのかもしれません。

 

自分にフィットしない環境に身を置き続ける事は「居心地が悪い」のですから、

他の「居心地の良い」環境に移ることを検討すべきです。

 

 

「自由」がモットーでない人は、

「居心地の悪さ」が「あばたもえくぼ」のような愛着に変わり、

愚痴を言いながらでも現状を変えない事の方が幸せと思うかもしれません。

 

しかし、「自由になりたい」と思う人にとっては、

「居心地の悪さ」は「自由」でない原因になります。

 

 

「一度言った事は最後までやり通す」「地道にコツコツ継続」という考え方は、

「自由」を目指す人にとっては不要です。

 

なぜなら、

「盲目的な継続」が「居心地の悪い状態の継続」になりうるからです。

 

 

何かに迷ったり悩む事があれば

自分にとって「居心地の良い」方を躊躇することなく選択し、

「研究者」として興味のあるものを追求していくのがベストです。

 

もし、そんな風に生きる事が現実には無理だろうと感じたら、

こちら を読んでみてください。

 

自由になりたいあなたへ