負の感情は繰り返される

 

棚田克彦 『「心の自由」を手に入れる技術』

 

心理療法士である著者が、NLP(神経言語プログラミング)の原理に基づいて、

私たちが生きづらいと思う原因について解説しています。

 

具体的な方法というよりは、心が窮屈になってしまうメカニズムを

理論的に明らかにしている本です。

 

よって、本著を読んだだけで革新的な変化が起きるわけではないかもしれません。

 

日常を振り返るような気分で読んでみると、納得する部分があると思います。

 

 

冒頭で登場した印象深いフレーズがありました。

 

「私たちは普段、その場その場で状況を見ながら意識的に考えて行動しているように見えて、

実は、ある特定の状況で、同じような考え方や感じ方、行動のパターンを繰り返していることの方が

多いようです。」

 

「実のところ、私たち人間の心は、まるでコンピューターのように精密で正確な働き方をする

という側面を持っています。心の働きは決して何の必然性もなくランダムに起こっている訳ではありません。」

 

 

蓄積された負の感情が不自由の素になる

私たちが感じる負の感情は、

あらかじめ心の奥底に留まっていたものが

何らかの出来事をきっかけに表出しているだけなのです。

 

例えば、

パン屋さんにあんぱんを買いに行ったけれど売っていなかったとします。

 

欲しいパンが売っていなかったという事実一つに対しても、

どのような感情を抱くかは、人によって様々です。

 

心が自由な人は、「運が悪かった」と思い忘れてしまいます。

心が少し不自由な人は、「もっと早起きしていれば」と後悔します。

心がとても不自由な人は、「日頃の行いが悪いからだ」と自分を責めます。

 

 

パンを買えなかったくらいで自分を責める人は、そう多くないかもしれません。

 

しかし、仕事を頑張ったけれど昇進出来なかった

という経験の場合はどうでしょうか。

 

「ここがダメだったのか」、「どうすればよかったのだろう」、「あれが良くなかったんだ」・・・

など、思い悩む人は沢山いる事でしょう。

 

 

そうやって思い悩む原因となるのが、

「過去の負の感情」

だとされています。

 

起こった出来事の見方や解釈は、

自分が元々持っている感情によって、

「良い出来事」なのか「悪い出来事」なのかの意味付け(ラベリング)がされるのです。

 

 

感情と記憶

先ほどの例のように、同じ出来事でも、

「たまたま運が悪かった」と軽く考える人もいれば、「日頃の行いが悪いからだ」と重く捉える人もいるのは

その人独自の「考え方のクセ」によるものです。

 

私たちは、一人ひとり

この「考え方のクセ」というパターン

を持っています。

 

 

ではどうやって「考え方のクセ」が付くのか?と言えば、

幼児期に負の感情を経験した記憶

である事がほとんどだと言われています。

 

特に母親との関係が代表的ですね。

 

 

物心のついていない子どもは、

物事を筋道立てて考えるという事が出来ません。

 

そのため、例えば母親が背を向けたという経験があり

母親は食事の準備をしようとして体の向きを変えただけだったのに、

「母親を不機嫌にさせてしまい嫌われた」という負の感情として記憶化されたりします。

 

 

つまり、「昔の嫌な思い出」というのは、

実はかなり事実をねじ曲げて解釈したまま

頭に残っている可能性があります。

 

また、あなたが事実だと思っている過去の記憶が

本当に起こった事なのかどうかすら

正確には分からないのです。

 

実際、トラウマだと思っていた出来事を家族に話してみたら

自分の解釈とは全く別の出来事が起きていて、

しかもとても幸せな出来事だった事が判明したりします。

 

 

負の感情の正体

私たちは

「悲しい」と感じる出来事が起きた時、

ある出来事が起きたから悲しくなったのだと感じます。

 

しかし、その「悲しい」は、

あなたの遠い昔のよく分からない記憶の「悲しい」が

過去と同じような体験をした拍子に表に出てきただけです。

 

 

ちょっとしたことで落ち込んでしまうという人は、

過去の負の感情が何度も何度も強化されて

深く刻み込まれているのだと思います。

 

 

負の感情に振り回されないようにするために

何をすべきなのかについては

「過去の経験」を検証するところから始めると良いかもしれません。

 

 

もしあなたが紛れもない「不幸な出来事」だと思っていた事が、

本当は「幸せな出来事」だったとするならば、

少しは「自由」になれると思います。

 

自由になりたいあなたへ