心の中のチェックリスト

diamond5

 

 

 

 

 

今回も、『あなたの人生の科学』より、書いていきます。

 

 

前回記事は→こちら

 

 

2章 「生活観の違い-結婚とセックス-」

 

p.71

”結婚生活の満足度は、一般にU字型の曲線を描いて変化すると言われる。

はじめのうちは、だいたいどの夫婦もとても幸せに過ごす。

しかし、満足度はその後、低下を始め、子供たちが思春期を迎える頃に最低まで落ち込むことが多い。

その後は、低いままの状態が続き、仕事を引退するくらいの時期に再び上昇を始める。”

 

妙齢の女性にとって、

「結婚=幸せ」

という式は強固なものがあります。

 

その裏には、

「結婚=幸せ」と言っている人が幸せな人で

「結婚≠幸せ」と言う人は幸せでない人、

という印象もあると思われます。

 

また、

「結婚して良かった」や

「今自分が幸せなのは結婚したから」など、

・・・まるで自分に言い聞かせるように・・・

あなたに言ってくる人もいるかもしれません。

 

しかしながら、その人はなぜ、あなたに対して「自分は幸せだ」と主張するのでしょうか。

そこには、実は「自己否定」が存在しています。

 

自己否定があるために、自分の結婚生活を

「他人に認めてもらうための材料」

として、わざわざ振りかざさなければならないのです。

 

 

あまりにも多くの人が、

「結婚したら幸せになれる」

または

「結婚をしていないから幸せでない」

という考えに囚われています。

 

しかし、当然ながら、人の幸せは「結婚」では決まりません。

 

記事冒頭に引用した本著の主張にもあるように、

誰もが手放しで幸せだと感じられるのは、

「結婚した直後」と「老後」だけです。

 

あなたが30歳で結婚したとして、

何の考えも無く「幸せ」と感じられるのは、

32歳頃まで(と65歳頃以降)になるでしょう。

 

 

「誰かと一緒に暮らしを続けるということは、何らかの苦しさを伴う」。

これは、事実です。

 

あなたが周囲の人から結婚を薦められても、

TVのCMで盛んに結婚式を見せられても、

「誰かの幸せ」に「あなたの幸せ」を合わせる必要はありません。

 

 

あなたが未婚で、今の自分が幸せではないと感じるのは、「結婚をしていない」からではありません。

確かに、あなたが結婚をしたら、はじめの3年ほどは高揚した幸せを感じられるでしょう。

しかし、それ以降は再び、今と同じ気持ちを抱えることになります。

 

あなたが既婚で、今の自分が幸せではないと感じるのは、「結婚している」からではありません。

結婚生活を、手放しで幸せだと感じられるのは、はじめのおおよそ3年までです。

それ以降の幸せは、あなたが自分の幸せを自覚することによって、創られます。

 

 

もしあなたが、人を「結婚しているか否か」で判断しているとすれば、それはなぜでしょうか。

「結婚していなければ価値がない」という考えが、本当にあなたの考えなのかは、大いなる疑問です。

あなたが、あなたの親や親族の価値観の通りに生きていきたいならば、そのような考え方でも良いでしょう。

 

 

先にも触れたように、結婚に対する考え方は、自己否定と密接に関係しています。

 

1.既婚=価値?

自分に対して、「結婚しているから価値のある人間だ」と思っているのならば、それは間違いです。

あなたが結婚しているから価値があるのではありません。

そして、結婚していてもしていなくても、あなたの価値は変わりません。

 

2.未婚=無価値?

自分に対して、「結婚すれば価値のある人間とみなされる」と思っているならば、それも間違いです。

あなたが結婚していないから価値がないのではありません。

そして、結婚していてもしていなくても、あなたの価値は変わりません。

 

 

 

 

今あなたが、「そうは言ってもやっぱり結婚は・・・」と思うならば、それはなぜでしょうか。

 

結婚生活において、手放しで幸せと感じられる期間は、ごく僅かな限られた期間です。

あなたの幸せは、あなたが創るものに他なりません。

「結婚=幸せ」という式から離れてみると、自由への扉が見えてきますよ。

 

自由になりたいあなたへ