報われない努力

 

私たちが抱く願望として

「報われたい」

という思いがあります。

 

私たちはいつも、素晴らしい自分になりたくて、

日々勉強や仕事を一生懸命頑張ります。

 

「報われたい」という願望についてごく単純な例を話しますと、

・貧乏な人は、お金を稼いでお金持ちになれば報われるだろう

・デブと言われた人は、ダイエットで痩せてスレンダーに変身する事で報われるはず

というものです。

 

「貧乏」「デブ」というネガティブな属性から抜け出し、

「金持ち」「スレンダー」という世間一般的にポジティブな属性に変わる事が出来れば、

自分自身が「報われる」気がしますよね。

 

努力の種類

「努力」

と言うと、一見輝かしいように思えますが、

実は「良い努力」と「悪い努力」があります。

 

「良い努力」とは、その過程が楽しい努力です。

発端はコンプレックスであっても、自分を変えるために仕事やダイエットの1つ1つを楽しめる場合は、

それ自体に喜びを感じます。

 

一方、「悪い努力」とはその逆で、過程が苦しい努力です。

お金持ちになりたくてお金を稼ぐために働いているけれど、毎日毎日辛い事ばかり。

痩せたくて食事をだいぶ我慢しているけれど、なかなか続かなくて難しい。

 

自分のコンプレックスを克服する、という考え方においては、

コンプレックスが強ければ強いほどの努力に拍車がかかりますから、

物凄いエネルギーが噴出します。

 

時にはそのエネルギーが猛烈に自分を追い込んでしまい、

自分自身を傷つける場合もあるのです。

 

そして、「悪い努力」ばかりをし続けていると、

エネルギーはどんどん自己否定へと向かってしまいます。

 

努力の正体とは

努力を続けているつもりでも続かなかったり、

また何かを達成しても満足できない場合は、

悪い努力つまり「報われない努力」を選んでしまっています。

 

「良い努力」をしている人は、

世界一の金持ちになったら報われるのではなく、

仕事を通じてお金が溜まっていくのが報われる事を実感しているはずです。

 

ダイエットでも同様で、

人に心配されるほど痩せたら報われるのではなくて、

痩せて綺麗になっていくと自分が報われるのです。

 

自分の行動の過程には意味を見い出せない人、

目的を達成しなければ報われないと思う人、

今とは別の新しい世界を見たいと雁字搦めになる人。

 

もしあなたがそうだとすれば、「報われたい」の正体は

「根本的な自己否定」

です。

 

追い立てられるような気配の中で

「何か頑張らなければいけない」

と思うのは、否定に操られている証拠です。

 

あなたが本当に「報われる」状態

つまり”自由”になるにはどうしたらよいのか。

 

一緒に考えてみませんか。

 

”自由”になりたいあなたへ